ルバーブのフール

 

小さなグラスで、7~8人分材料:
ルバーブ 400g
グラニュー糖 125g
ブラマンニエ 50㏄
ダブルクリーム(乳脂肪分46%のクリーム)300㏄
グリークヨーグルト(ギリシャヨーグルト)500g

作り方:
ルバーブを食べやすい大きさに切る。1~2センチぐらい。

ソースパンにルバーブと砂糖75g、グラマンニエ、水75㏄を入れて5分ぐらい加熱する。柔らかくなるまで。

ルバーブをこして、冷ましておく。半量はマッシュする。
シロップだけを3分の一量になるぐらいまで煮詰める。冷ましておく。

ボールにクリームとヨーグルト、残りの砂糖、シロップを加えて角が立つまで泡立てる。

マッシュしたルバーブを加える。ざっくりと混ぜて、残りのルバーブも加える。

お好みでメレンゲを食べやすい大きさに砕いて加える。

ざっくりと全体を合わせるように混ぜ合わせてから、器に盛り付ける。

エジンバラの思い出

2020年は年明けからスコットランドの首都エジンバラへホリデーに。古い市街地なユネスコ世界遺産になっているだけに美しい町並み。ロイヤルマイルと呼ばれる通りを歩いてホリールードハウス宮殿を観光しました。ヴィクトリア女王もアルバート公と共に滞在。現在は、王室の公式行事やエリザベス女王の滞在にも使用されています。

ベティーズのマカロン。

イギリスでも最近は大人気。

ロンドンならおいしいマカロンが売っているんでしょうが、

私が住むような田舎町でおいしいマカロンに出会う機会はすくない。

北イングランドまで来ておいしいマカロン。

うれしくなって箱入りを購入。好きなフレーバーを8個詰め合わせできます。

新しいホームページ作成中

雪の二日間の間に写真の整理をしよう!

そうだ、滞っていたホームページの更新も!

と思ってはじめたら、

なんと、Wordpressを(わけのわからない間に)上書きして全部消えてしまった。

もうこれは、作り直すいい機会だと思いなおして、

心機一転、新しいページを作ってます。

イギリスの3月

今年は1~2日にかけてシベリア方面からの寒波の影響で

イギリス国内は雪に覆われました。

日本育ちの私からするとちょっとした積雪15センチほどの雪ですが

雪が少ない南イングランドでは電車の運休。

学校は休校となりしました。

車には雪用タイヤはないため、雪の日の運転は危険!

家にこもってのんびり過ごしました。